June 03, 2004

日本対イングランド戦

早起きで眠い目を覚まさせるような展開の早い試合でした。
スタメンはアイスランド戦ですっかり安定感の出てきたメンバー。
結果は1-1のドローでした。

試合を見る限り、中村と小野はコンディション相当いいですね。
対照的に後半から出てきた柳沢はあまり…。
ボールをもらいに中盤まで下がってしまったり、ゴールを外してしまったりといつもの悪い癖が出てしまったような気がします。
イングランドは午前中も練習をしていたようで、失点された後はだいぶ落ちてしまいましたね。
それまでの攻撃を何とか1点で凌いだのは良い兆候だと思います。

3バックから、中盤のターゲットの中村に渡して、そこから小野やアレックス、加地への展開して仕掛けていくっていう共通意識も外から見て取れました。

こういうのもなんですが、今回中田がいない分、ディフェンスからの展開がシンプルになって、リズム(テンポ)が生まれたような気がします。

得点につながったところも、中村にボールが渡ってからのアレックスの動き出しとそれに応じた小野、という展開で、観ていて気持ちが良かったです。

どういう状態であれ、イングランドに引き分けたのは成果として残りますが、インドだったら5点取れる、って言うようなマスコミの論調が起きなければいいなと思います。

もともと、lowスコアのスポーツのサッカーですし…。

稲本の怪我は残念ですが、中盤は人材豊富なので、遠藤や福西にがんばって欲しいと思います。

あとは、高原が間に合えばいいのですが…。
とめどなくなりましたが、この辺で。


●楽天で関連商品の値段をチェック!


投稿者 tak : June 3, 2004 12:34 AM | TrackBack (1) | EDIT

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
(クリックすると選択します。)

このリストは、次のエントリーを参照しています: 日本対イングランド戦:

» 日本対イングランド戦 from Tak's Bar@JUGEM
早起きで眠い目を覚まさせるような展開の早い試合でした。 スタメンはアイスランド戦ですっかり安定感の出てきたメンバー。 結果は1-1のドローでした。 [続きを読む]

トラックバック時刻: June 3, 2004 12:37 AM

前後のページ
同じカテゴリーのページ