June 09, 2004

2006年ドイツワールドカップ一次予選、日本対インド戦

7-0で快勝です。
前半3点、後半4点という結果で明日のスポーツ新聞は大変な騒ぎでしょうね。

インドは守備にまわったときに中盤からプレスをかけてきているにもかかわらず、ディフェンスはマークをすぐ外してしまう、という不手際を繰り返していました。
まあ、そこら辺の隙を突いて日本は加点して行った訳です。

後半に入って、どういうわけかジーコはディフェンスラインを変更しましたが、3-5-2から4-4-2に変わっても、日本は引き続き、加点して行きました。
予選の折り返しの試合としては、勝ち点と得失点差を伸ばせたのは良い結果だったのでは無いでしょうか。
特に、これまでの試合がぎりぎり勝ちを拾った感じでしたので。

中継で観戦している中田も映っていましたが、中田がいない試合の方が結果が良いと言うジンクスがそろそろ生まれて来るのでは?と思っているのは私だけではないはずです。;p

あと、玉田のが鈴木に当てて入ったゴールは鈴木のゴールになっちゃうんですね、残念。


●楽天で関連商品の値段をチェック!


投稿者 tak : June 9, 2004 11:45 PM | TrackBack (2) | EDIT

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
(クリックすると選択します。)

このリストは、次のエントリーを参照しています: 2006年ドイツワールドカップ一次予選、日本対インド戦:

» 2006年ドイツワールドカップ一次予選、日本対インド戦 from Tak's Bar@JUGEM
7-0で快勝です。 前半3点、後半4点という結果で明日のスポーツ新聞は大変な騒ぎでしょうね。 [続きを読む]

トラックバック時刻: June 9, 2004 11:46 PM

» 7-0で大勝 インド戦 from ビリヤード&サッカー&ニュースコラム
いや〓、今日は久保の最初の得点に尽きますね。  ひいきで言っているんじゃなくて、なかなかとれない1点を、あの難しいジャンピングボレーで決めるなんて、やっぱエースですな。  今日のインドはビタビタに引いて、ってワケじゃなかったので、ずいぶんやりやすか... [続きを読む]

トラックバック時刻: June 10, 2004 09:39 AM

前後のページ
同じカテゴリーのページ