June 20, 2004

今日のEuro #8

初出場で、チェコ相手に善戦しつつも敗れたラトビアと、前評判以上のドイツ。
ここで負けるとちょっとヤバいオランダと、緒戦逆転勝利で波に乗るチェコ。
ラトビアがドイツのディフェンス陣をどう崩すか、とオランダ、アタッカー陣が噛み合うかどうか、ってところが見所ですね。

・ラトビア-ドイツ
序盤から、べルパコフスキスを中心にガンガン攻めるラトビア。
序盤からの攻勢を耐えたドイツが、前半30分くらいから、運動量の落ちてきたラトビアの中盤でイケイケに。
バラックがフリーになってシュートを打つことが多くなってきました、得点の予感。

と思っていたら、40分中盤でボールを奪った、べルパコフスキスのドリブル、速いが、シュートが正直すぎて、カーンの正面、惜しい。

前半は一進一退で、ラトビアのベルパコフスキスが走って走って、目立ってました。

ドイツ、後半最初から、シュナイダーに替えて19歳のシュバインシュダイガー。
ドイツ、序盤からボールを支配、ラトビア防戦一方です。
ラトビア、セカンドボール、キーパーからのフィード、ともにドイツに取られちゃってます。
まあ、ラトビアはもう引き分け狙いが濃厚で、かなり引いて守ってます。で、ベルパコフスキスは前半と変わらず、速攻のキーマンですね。速い。

引いて守ったラトビアに、攻めあぐねるドイツ、中でボールをまわして、強引に行こうとするも、ゴール前にスペースが無くて、駄目です。

で、サイドからっていうのも、ラトビアの良い守備に防がれています。

32分、ドイツ、クーラニーに替えてブルダリッチ投入も、流れは変わらず、ラトビア堅いです。

38分、バラックのヘッド、キーパー正面。

ロスタイム、クローゼのヘッド、入らず。
ラトビア、もう引き分けで確定のベルパコフスキス交代。

結局、0-0のスコアレスドロー、うーむドイツ勝てませんでしたねぇ。


・チェコ-オランダ
グループDのビッグマッチです。
セードフルスタメンですね。旧アヤックス系のセードルフとダービッツがいます。

チェコはヤンコラー(コレル?)とロシツキとネドベドのアタッカー陣は変わってません。

序盤、セットプレーから、バウマ、ヘッドでゴール、オランダ早い時間で先制。

セードルフ、ゴールポストの外側を掠めるフリーキック、惜しい、前半7分。
9分、ゴールエリア付近で、セードルフ、ネドベドに対してハードなタックル、イエローカード、早い時間でのイエローはネドベドを削っておく作戦?

オランダはチェコの速攻に付いて行けて無い感じ、ファールでしか止めてません。
チェコはポボルスキの右サイドの駆け上がり、いいですね。

ダービッツから、ファンニステルローイ落として、セードルフのシュート、枠に行かない前半14分。オランダは、シンプルなサッカーで行きそうですね。

チェコは右サイドからの攻撃が結構多いです。
ダービッツから、ロッベンのクロスをファンニステルローイ、オランダ2点目、前半19分、大量得点の予感。
緒戦とは打って変わって、良い感じでボールがまわっていますね、オランダは。

バロシュがオランダのパスミスを拾ってドリブル、ゴール前でヤンコラー(コレル?)に渡して、ごっつぁんゴール、チェコ1点返す。

チェコ、グリゲラを下げて、シュミチェルを投入、前半24分。

ハイティンハ、ネドベドを倒してイエロー、25分。

31分、オランダのハイティンハ、強烈なシュート、チェコのキーパーギリで弾く。

両チーム、ゴールに肉迫するも、スコア変わらず、前半終了。


後半、選手交代なし、1分、右サイドからファンデルメイデ良い突破、決まらず。
そのカウンター、チェコも右サイドからの攻撃、決まらず。

両チーム中盤を省略したディフェンスラインからのフィードが多い、後半の序盤戦です。

オランダ、カウンターから右サイドのロッベンのクロスにファンニステルローイ、キーパーナイスセーブ。

と、ロッベンとボスフェルトが交代、中盤良かっただけに、ロッベン自身も納得行かない様子、後半13分、オランダ。

途中交代のハインツから左サイドをえぐって、シュミチェルのシュート、ファンデルサール、ファインセーブ。

25分、左サイドのネドベドからヤンコラー(コレル?)が落として、バロシュのボレー、2点目、チェコ追いつく。

ハイティンハ、ネドベドへのファールで2枚目、退場、ダービッツが必要に食い下がる、30分。

そのフリーキック、ネドベド、豪快なミドルシュート、リフレクションも惜しいシュートに、ファンデルファール痩せるかも。

ファンデルメイデに替えてライツァハーを投入、オランダ、33分。

ネドベドの強烈なミドルシュート、クロスバー直撃、40分。
オランダ、セードルフに替えてファンデルファールト、流れを変えられる選手を入れてきました。

右サイドから、ポボルスキ、あげて、バロシュのシュート、こぼれを拾って、ゴール前のシュミチェルへ、決めた、逆転、42分。

44分、左サイドからのアーリークロスにファンデルファールト、あと1歩足りない。
ロスタイム、オランダ怒涛の攻撃をかわしつつ、何とか逃げ切って、決勝ラウンド一番乗り。

チェコが絡むと好ゲームが多いですね。以上。


●楽天で関連商品の値段をチェック!


投稿者 tak : June 20, 2004 01:49 PM | TrackBack (1) | EDIT

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
(クリックすると選択します。)

このリストは、次のエントリーを参照しています: 今日のEuro #8:

» 今日のEuro #8 from Tak's Bar@JUGEM
初出場で、チェコ相手に善戦しつつも敗れたラトビアと、前評判以上のドイツ。 ここで負けるとちょっとヤバいオランダと、緒戦逆転勝利で波に乗るチェコ。 ラトビアがドイツのディフェンス陣をどう崩すか、とオランダ、アタッカー陣が噛み合うかどうか、ってところが見所... [続きを読む]

トラックバック時刻: June 20, 2004 01:50 PM

前後のページ
同じカテゴリーのページ