August 04, 2004

携帯を挿すと「カーナビに早代わり」するスタンド

ITmediaモバイルより。

GPS携帯をカーナビに、というアプローチは面白いですね。
しかけたのは、
カー用品の【オートバックス】らしいです。

ただ、月額課金と検索ごとに料金が発生するのは敷居を高くしているような気がします。
検索結果を残したくないような使い方、たとえばレンタカーに土台だけ、とか密会に使った形跡を残さない、とか考えると色々使えそうですが…。


対応機種は、現在ボーダフォンの「V602SH」「V601SH」「J-SH53」のみ。対応キャリアおよび機種は、順次拡大予定という。

 本体にGPSレシーバーとハンズフリー機能を内蔵しており、セットのGPSアンテナと接続することで、スピーカー音声による経路案内を行える。モニター画面としては、ユーザーの携帯を使う。なお、GPS情報の精度を向上させるための車速センサケーブルも、別売り3000円で提供される。


 地図データは、携帯電話の通信機能を使ってサーバから取得する。ユーザーがルート設定を行うたびに、通信で地図情報が配信される。画面上では、地図の自動拡大/縮小や交差点などでの音声案内、ルートを外れた場合のリルートが可能。VICS(道路交通情報通信システム)の交通情報を加味したルート検索も可能だ。地図情報は、サーバ側で随時更新される。

 サーバではまた、30万カ所を超える全国のガソリンスタンド、コンビニエンスストア、テーマ別施設の情報を蓄積している。ユーザーが操作を行えば、こうした情報を通信経由で取得することも可能だ。

 通信にかかる料金は、「1回のルート検索につき数十円〜100円程度。ルートを決めたら、走行時は通信を行わない」(オートバックスセブン広報)。実際にボーダフォンの「ハッピーパケットレギュラー」で“かんたんルート”を検索したところ、パケット料金は東京〜六本木駅間で33円、東京〜箱根湯本駅間が81円だったという。



●楽天で関連商品の値段をチェック!


投稿者 tak : August 4, 2004 11:29 PM | TrackBack (1) | EDIT

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
(クリックすると選択します。)

このリストは、次のエントリーを参照しています: 携帯を挿すと「カーナビに早代わり」するスタンド:

» 携帯を挿すと「カーナビに早代わり」するスタンド from Tak's Bar@JUGEM
ITmediaモバイルより。 [続きを読む]

トラックバック時刻: August 4, 2004 11:32 PM

前後のページ
同じカテゴリーのページ